創業・事業資金・事業計画策定・労働保険・売上増加・販路開拓・各種補助金の相談・助成金の相談

事業承継の構成要素とチェックシート

事業承継の構成要素

1.人(経営) 経営者としての自覚を育てる

経営者、後継者の対話を通じた経営理念の承継や、現場から経営まで幅広い経験を通じた後継者教育を行う。

  • 経営権
  • 後継者の選定・育成
  • 後継者との対話
  • 後継者教育
2.資産 経営者の個人資産について、会社との関係を整理

経営者の個人資産や負債、保証関係も含め、いつどのように後継者に引き継ぐか検討する。

  • 株式
  • 事業用資産(設備・不動産等)
  • 資金(運転資金・借入金等)
  • 許認可
3.知的資産 会社の見えない強みも承継

会社の理念や信頼関係も知的資産のひとつです。後継者との対話を通じて、従業員や取引先との信頼関係も引き継いで円滑に事業を承継する。

  • 経営理念
  • 経営者の信用
  • 取引先との人脈
  • 従業員の技術・ノウハウ
  • 顧客情報

事業承継自己診断チェックシート

「はい」・「いいえ」でお答えください。

Q1 事業承継計画を策定し、中長期的な目標やビジョンを設定して経営を行っていますか?
Q2 経営上の悩みや課題について、身近に相談できる専門家はいますか?

【以下の中から、当てはまる設問へお進みください】

  • 私には後継者がいる(子ども、親族、従業員) ★へ
  • 私には後継者にしたい候補がいる(子ども、親族、従業員) Q6~Q7へ
  • 私には後継者がいない Q8~Q9へ

★後継者に対し将来会社を託すことを明確に伝え、後継者として事業を引き継ぐ意思を確認しましたか? 「はい」 Q3~Q5へ 「いいえ」 Q6~Q7へ

Q3 後継者に対する教育・育成、人脈や技術などの引継ぎ等の具体的な準備を進めていますか?
Q4 役員や従業員、取引先など社外の関係者の理解や協力が得られるよう取り組んでいますか?
Q5 法務面や税務面、資金面などについて将来の承継見据えた対策を進めていますか?
Q6 後継者の正式決定や育成、ご自身の退任時期の決定など、計画的な事業承継を進めるために必要な準備期間は十分にありますか?
Q7 後継者候補に承継の意思について打診をする時期や、ご自身がまだ打診をしていない理由は明確ですか?(候補者が若く、打診するには早すぎる 等)
Q8 第三者に事業を引き継ぐ場合(企業売却・事業譲渡等)の相手先の候補はありますか?
Q9 企業売却・事業譲渡等の進め方についてご存知ですか?

診断結果

Q1・Q2で、1つ以上「いいえ」と回答した方
事業承継を円滑に進めるには長い時間を要します。早期着手の重要性を理解し、事業承継に向けて現状の把握を進めましょう。

Q3・Q4・Q5で、1つ以上「いいえ」と回答した方
円滑に事業承継を進めていくために、事業承継計画の策定による計画的な取組が求められます。

Q6・Q7で、1つ以上「いいえ」と回答した方
企業の存続に向けて、具体的に事業承継についての課題の整理や方向性の検討を行う必要があります。

Q8・Q9で、1つ以上「いいえ」と回答した方
岡山県事業引継ぎ支援センターにご相談ください。

お気軽にお問い合わせください TEL 086-296-0765 8:30~17:15(土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 岡山南商工会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.