2020年4月1日に施行に迫った「食品表示法」改正について、マトハヤ・フーズコンタクト株式会社 代表取締役 的早剛由氏を講師としてお招きし、集団講習会を開催しました。
実際に講師の説明を受けたところ、食品表示には、それ以外の法律が複雑に絡み合った制度であることが分り、実際に対応できた食品表示ラベルや包装資材で販売するためには、確認すべき事項が多々有り、とてもハードルが高いことが分りました。
また、希望者を対象とした個別相談会も開催し、実際のラベルを講師に確認してもらいアドバイスを得ていました。

受講者からは・・・・
「実際に使っているラベルが使えなくなることが分った」
「栄養成分表示だけ追記すれば使えると思っていたが、そんな安易な考えでは新しい法律には対応出来ない事が分った」
「使っているラベルや包装内容を確認し、もう一度、的早先生に相談をしたい」など声がありました。

今後、商工会でも継続した支援を続けたいと思います。